写真を利用した副業ビジネスと言えば、フォトストックがお勧めです。1枚を33円で販売すると、大人気の写真になったとすると日本だけで、300万枚売れる事も可能です。そうすると収入は1億円くらいになります。リスクがとても小さくて高額なお金を稼げる可能性のある副業ビジネスは他にありません。具体的にフォトストックを説明すると、自分が撮影した写真をあるサイトにアップします。それを大勢の人に購入してもらうだけです。一枚の写真は複製できますから、一枚の原価で無限の枚数の売上数が可能です。もちろん一枚も売れない時もありますが、千枚や二千枚などの売上を達成している人は珍しくないです。1枚30円だとしても、3万円や6万円が放っておいても獲得できるので、販売員としてずっと店先に立っていなければいけない事を考えるととても楽です。一枚の写真が売れる可能性が0.01%だとしても、毎日数枚ずつでも短い時間を割いてアップしていれば、トータルアップ数が100枚、1000枚になります。それは、0.01%の売れる可能性が1%や10%になる事を意味しています。アップするサイトでお勧めなのが、スナックマートです。スマートフォンのアプリで登録することが出来ますので、とてもお手軽です。1人の方に気に入ってもらって、いいねを押してもらったりアップしてもらえれば売上が伸びるチャンスになります。インスタグラムと同じような効果が望めます。登録はかなり簡単で、住所、年齢、職業、入金してもらう銀行口座などの基本的な情報を入力するだけです。アップする写真は、スマホのカメラで撮ったものでよく、本格的なカメラで撮ったものでなくても良いです。スマホのカメラは少し前の本格的なカメラの性能と匹敵するレベルだからです。最近の売れ筋は風景よりも人物です。最初のうちは人目につきにくくて、売れないのですが、しだいに見つけられてグッドボタンなどを押されて観覧者が増えて加速度的に拡散していくイメージです。こつこつやって、ある日、ちょこちょこ売れ出す副業ビジネスになる場合が多いです。PIXTAも簡単に登録できるサイトです。とても有名な写真販売サイトです。いろんな企業が広告やホームページに利用していますので、利用されると閲覧数はものすごい事になります。しかし、著作権や解像度、総合的なレベルなどの審査がありますので、そんなに簡単にうまくいきません。撮影に熟知した人のサポートを受ける事をお勧めします。